中古トラックの販売店ランキングガイド!小型・大型トラック・特殊車両まで購入をおすすめしたいサービスを厳選比較で紹介します!

新車トラックの納車期間は長い?中古トラックと徹底比較!

公開日:2024/05/15  最終更新日:2024/02/01

?新車トラックの納車期間が長引く現状に直面し、多くの業者が困惑しています。本記事では、新車トラックの納車が遅れる理由と、中古トラックの利点、さらには納車待ちの対処法について詳しく解説します。本記事が、トラックの納車期間とその周辺について知りたい方の参考になれば幸いです。

新車トラックの納車期間が長い理由

新車トラックの納車期間が10カ月から1年以上かかることは珍しくありません。

遅延のおもな原因は、架装メーカーの人材不足と材料不足です。需要に対して架装メーカーの数が限られており、注文が集中すると人手不足に陥ります。さらに、新型コロナウイルスの影響で車両生産が停滞し、納期がさらに延びる傾向にあります。

この問題は、グローバルなサプライチェーンの混乱にもつながっています。多くのトラックメーカーは、世界中の部品供給に依存しており、とくに半導体の不足は生産の遅れに大きく影響しています。さらに、国際的な物流の遅延が生じていることも、部品の供給不足を悪化させています。

また、トラックのカスタマイズ需要の高まりも、納車期間の延伸の一因となっています。また、トラックユーザーの多くは、特定業務用途の特別な仕様や機能をトラックに求めており、こうしたカスタマイズは、標準的な生産プロセスに比べ時間を要します。

さらに、環境規制の強化に伴う、新しい排出基準に適合する車両の開発と生産にも、長い期間が必要です。とくに、ディーゼルエンジンを搭載する大型トラックに影響を与えており、メーカーはよりクリーンな技術への移行を迫られ、開発部門の負担も増大しています。

ここまで紹介したようないくつかの要因が複合的に作用し、新車トラックの納車期間の長期化を引き起こしています。顧客に対しては、このような状況への理解を求め、業務計画を立てる際には余裕を持って対応しましょう。

中古トラックの納車期間とそのメリット

中古トラックは、新車に比べて納車までの期間が短いという大きな利点があります。

即納可能な車両が多く、特に車検が残っている中古トラックの場合、契約から1週間以内に納車されることが一般的です。車検切れや一時抹消登録の車両であっても、約10日での納車が可能なため、業務の遅延を最小限に抑えられます。中古トラックのもうひとつのメリットは、コスト面にあります。

新車に比べて価格が低く、初期投資が少なくてすみます。とくに、予算が限られている中小企業や個人事業主にとっては、コストパフォーマンスの良い選択肢となります。また、中古トラックは即時減価償却の対象となることが多く、税務上の利点もあります。

さらに、中古トラックは多種多様な車種が市場に出回っているため、ニーズに合った車両を見つけやすいという利点もあります。たとえば、特定の荷物を運ぶための特殊な機能を持ったトラックや、特定の地域での使用に適した車両など、新車では見つけにくい特殊な仕様のトラックも中古市場では比較的簡単に見つかります。

中古トラックの購入に際しては、車両の状態をしっかりと確認することが重要です。走行距離、メンテナンス履歴、車体の状態など、さまざまな要素をチェックすることで、長期にわたって信頼性の高いトラックを手に入れることができます。また、信頼できる販売店を選ぶことも、購入後のトラブルを避けるためには不可欠です。

このように、中古トラックは納車期間の短さ、コスト面、多様な選択肢といったメリットがあります。とくに緊急でトラックが必要な場合や、特定の予算内で最適な車両を探している場合には、中古トラックの選択を検討する価値があります。

新車トラックの長い納車期間への対処法

新車トラックの納車期間を短縮する方法は限られていますが、中古トラックの購入、レンタル、または傭車(ようしゃ)の利用が有効です。

中古トラックは迅速な納車が可能で、一時的なニーズにはレンタルや傭車が適しています。また、中古トラックは、低価格で多様な選択肢があり、ニーズに合った車両を見つけやすいです。一方、レンタルサービスを利用することも、新車の納車待ちの間、一時的な車両需要を満たす効果的な方法です。

レンタルは、特定のプロジェクトや短期間の業務に適しており、長期的なコミットメントを必要としません。また、レンタルトラックはメンテナンスが行き届いており、さまざまな種類の車両が利用可能です。傭車(ようしゃ)の利用も、一時的な解決策として有効です。

傭車は、ドライバーとトラックを一緒に借りるサービスで、ドライバー不足の状況においては、業務の継続を支援する重要な手段となります。傭車を利用することで、自社での車両管理やドライバーの雇用に関わるコストと手間を削減できます。

紹介した対策は、新車トラックの納車期間の長期化という問題に対して、柔軟かつ実用的な解決策となります。中古トラックの購入、レンタル、傭車の利用は、それぞれのビジネスのニーズや状況に応じて選択でき、業務の遅延を防ぎながら、効率的に運営を続けることを後押しします。

まとめ

新車トラックの納車期間が長いのは、架装メーカーの人材不足と材料不足がおもな原因です。この問題に対し、中古トラックは即納可能で、納車待ちの問題を解決する有効な選択肢となり得ます。新車の長い納期に対処するためには、中古トラックの購入、レンタル、傭車の利用を検討することがおすすめです。これらの選択肢は、緊急の業務ニーズや予算の制約に応じて、柔軟かつ迅速な解決策といえます。

中古トラック販売店ランキング

商品画像1
2
3
4
5
商品名磯山自動車ステアリンク栗山自動車リトラストラックワン
特徴仕事に応じた機能のトラックをオーダーメイド100km圏内のユーザーには出張で現車確認できるよう対応専門スタッフが80項目をチェックし細部まで点検国内最大規模の中古トラックを常時保有再利用可能なパーツを活用して廃棄を最小限に抑えている
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

おすすめ関連記事

サイト内検索
【中古トラック】販売店ランキング!