中古トラックの販売店ランキングガイド!小型・大型トラック・特殊車両まで購入をおすすめしたいサービスを厳選比較で紹介します!

リトラスの画像1

おすすめポイント全国にある展示場は8ヶ所! 品揃え豊富な販売店
社名 株式会社リトラス(英文名:RETRUS Co.,Ltd.)
所在地 【本社】
〒108-0074 東京都港区高輪2-18-10 高輪泉岳寺駅前ビル11F
【支社】
〒541-0046 大阪府大阪市中央区平野町3-6-1 あいおいニッセイ同和損保御堂筋ビル3F
【支社】
〒451-0045 愛知県名古屋市西区名駅2-22-9 あいおいニッセイ同和損保名古屋名駅ビル4F
代表者 代表取締役 津田 猛
設立 2013年9月4日
資本金 8,000万円

中古トラックの販売店「リトラス」は、品質管理を徹底し、信頼できるトラックの販売を行っている販売店です。社名は、RELIABLE(信頼できる)、TRUCK(トラックを)、「SUPPLY(供給する)」の頭文字をそれぞれ組み合わせた造語になっており、意味として、普遍の価値観と理念が込められています。

リトラスは、不当な業者も横行する中古トラックの業界で、信頼される会社の仕組みやトラックを届けるための仕組みを追求し、信頼できる従業員の教育にも、余念がありません。

そんなリトラスが行っている、中古トラック販売事業の詳細について、見ていきましょう。

リトラスの画像

リトラス

全国にある展示場は8ヶ所! 品揃え豊富な販売店

公式サイトで詳細を見る

リトラスが使命とするものとは?

リトラスの画像2

トラックは、モノを運ぶという大切な役割を果たします。良質で安心できるものであることが、保証されなければなりません。

使われなくなったトラックは、日本全国にたくさんありますが、そうしたものの中から、品質のいいものを選別・仕入れをし、適切に修理を行い、ユーザーニーズを見ながら改良したものを、購入者に届けることをリトラスでは使命としています。

リトラスの想い

リトラスでは、「欲しいときに、欲しい装備で、欲しいトラックが見つかる」をモットーに、ユーザー視点に立ってヒアリングし、経営課題に準じた最適な車両の提案をしています。

ビジネスの停滞を防ぎ、加速させるための中古トラックの提供ができる、中古トラックの買取・販売店になるよう、サービスを徹底しているのが特徴でしょう。

理想のトラックに出会えるために

リトラスの、中古トラックにかける企業努力を、見てみましょう

【欲しいトラックに必ず出会える】
リトラスでは常時、総台数およそ1,000台にもなる中古トラックを、保有しています。ストック数は国内最大級規模と言っても差し支えなく、ユーザーニーズに即座に応えられるトラックを提供しています。

【いつ・どこでも車両探しができる】
リトラスは、車両展示場を国内に8ヶ所展開しており、北は北海道、南は沖縄まで事業拡大しているため、そのネットワークを駆使して、豊富な品ぞろえから選ぶことができるでしょう。

【欲しいタイミングと装備による提供】
大規模展示場と自社整備工場を保有しているため、購入者の要望に応えた中古トラックを、希望する装備で提供しています。

リトラスの画像

リトラス

全国にある展示場は8ヶ所! 品揃え豊富な販売店

公式サイトで詳細を見る

中古トラック購入の前半の流れ

リトラスの画像3

問い合わせをしてから納車するまでの流れと、それぞれのステップの注意点について、説明させていただきます。

①車両選定~問い合わせ

リトラスのホームページの在庫車一覧をチェックし、車両を選んで「お問い合わせ番号」を確認しましょう。番号を控えた状態で、お問い合せフォームか電話で相談し、番号を伝えてください。

なお、問い合わせについては、要望や質問も受け付けているそうです。電話やFAX、メールにて問い合わせに応じており、そのほかの要望や質問にも応じています。なお、都合に見合うトラックが、そのとき見つからなくても、近日中に入荷できることもあるので、その後も連絡してみましょう。

②車両案内~現車確認の予約

問い合わせた車両の在庫状況や、その他詳細をスタッフが調べ上げます。深夜時間帯、日曜日に申し込みがあった場合、折返しの連絡は翌日となるので、ご注意ください。経験や知識が豊富なスタッフが、問い合わせ車両についての説明案内があるでしょう。

ヒアリングでは利用者の希望を伺い、それに沿ってリトラスの工場で予算や要望の仕様に適した、架修・架装を施します。好みのシャーシはあっても、ボディがそうではないという場合も、相談してみましょう。

車両が決まったら、状態チェックするために、現車確認予約を取ります。来店が難しいようであれば、メールで詳細画像を送信するサービスも行っていますが、画像だと写りにくい傷やヘコみがあることも想定し、基本的には現車確認を推奨しています。

中古トラック購入の後半の流れ

リトラスの画像4

リトラスでの契約の流れの、後半パートを見てみましょう。

現車確認~見積もり

現車確認を行う場合は、予約した車両を実際に見て確かめるために、リトラスの展示場へ赴きます。問題がなければ、見積書を作成するステップへ移りましょう。

陸送費など、車両代金以外の諸費用なども、同時に見積もりを取る流れとなります。支払いをローンやリースにする場合も、その旨の案内をするため、相談しておきましょう。

契約~納車

見積もりの内容や金額に合意できたら、販売契約書が送付されます。署名捺印をし、返信できた段階で、契約完了となります。

なお、しっかり確認が取れたものが納車されるよう、納車前に最終点検が行われます。契約、書類手続き、支払いなど、各種手続きをすべて終えたら、契約時の指定の方法で購入した、車両の納車が行われるので、これにてすべての工程が完了となるでしょう。

全国展開するリトラスの展示場の一覧

リトラスの画像5

リトラスは、東京都に本社を構えており、平成25年9月にブランドの目的に賛同した、企業による業務提携で、グループとして日本全国への展開を目的に設立されました。全国に8ヶ所の拠点を置いており、それぞれの展示場で中古トラックやパーツなどを販売し、リビトパーツを手がけています。

国内最大規模を誇っており、グループとして架修・架装ラインと、ハイクオリティの品質を手がけることが、このリトラスの強みとなっています。そのため、従来の中古トラックにあった不安なイメージを払拭することに努めており、信頼と安心を届ける、中古トラックのサービスを受けることができるでしょう。

各拠点について

国内にあるリトラスの支店は、北海道支店、東北支店(岩手県)、福井支店、埼玉支店、群馬支店、名古屋支店、熊本支店、沖縄支店などが展開されています。

福井支店にある大展示場は、総面積が約8,000坪にもなる敷地に、数百台にもなる中古トラックが展示されているため、理想の中古トラックが見つけやすいでしょう。

まずは「車両選定」をしてみよう!

リトラスは、全国的に展開し、その網羅している地域の広さから、豊富な品ぞろえで車両をカバーしていることが、おわかりいただけたかと思われます。公式サイトからも、その豊富な種類の中古トラックを、探し出すことができるので、そこからまず欲しいトラックを見つけ出し、お近くの支店の問い合わせフォームから、欲しい中古トラックについて、問い合わせをしてみましょう。

リトラスで中古トラックを購入した方は、さまざまなアフターサポートも用意されているので、末永くお付き合いができる販売店でもあります。

リトラスの画像

リトラス

全国にある展示場は8ヶ所! 品揃え豊富な販売店

公式サイトで詳細を見る

リトラスを利用した方の口コミ・評判を集めてみました!

30代 男性

在庫が沢山あり、対応も良かったです

引用元:https://www.google.com/maps

在庫がたくさんあるいう点は非常に魅力です。在庫が多くあることで、購入したいと思った中古トラックをその場で購入することもできるでしょう。

またスタッフの対応が良かったと言えます。中古トラックに限らず、なにかを購入する際には、品質やデザインはもちろんですが、スタッフの対応力が最後の決め手となることも少なくないため、スタッフの対応力の良さはリトラスの良い点であると言えるでしょう。

40代 男性

広い展示場で、応対も良かったです。事務所入口にアルコール消毒も常備、出入り管理も行って安心です。

引用元:https://www.google.com/maps

展示場へ訪問された方の口コミでしたが、しっかりと消毒や換気を行っていることが分かります。展示場は人が集う場所であるため、足を運ぶのが不安である方も多いと思いますが、リトラスであれば安心できます。

またスタッフの対応が良かったことが分かります。お客さんの求めていることをしっかりと汲み取ってくれると考えられるため、初めての方でも展示場へ訪問しやすいでしょう。

サイト内検索
【中古トラック】販売店ランキング!
記事一覧

中古トラック販売店ランキング

商品画像1
2
3
4
5
商品名磯山自動車ステアリンク栗山自動車リトラストラックワン
特徴仕事に応じた機能のトラックをオーダーメイド100km圏内のユーザーには出張で現車確認できるよう対応専門スタッフが80項目をチェックし細部まで点検国内最大規模の中古トラックを常時保有再利用可能なパーツを活用して廃棄を最小限に抑えている
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく