中古トラックの販売店ランキングガイド!小型・大型トラック・特殊車両まで購入をおすすめしたいサービスを厳選比較で紹介します!

中古トラック販売を利用するなら積載量に注意

公開日:2021/02/15  最終更新日:2021/01/22

多くの場面でトラックがさまざまなものを輸送しているのを目にしますが、新車のトラックに加え、多くの中古トラックが現役で働いています。トラックの場合にはとくに積載量について厳しい規制があり、違反すると罰則が課せられているのです。ここでは新車でトラックを購入する場合と比較し、中古トラックを購入する際の注意点について解説します。

トラックの過積載の状況について

トラックは、さまざまなものを輸送するのが役割です。運送業者は、このトラックを利用することにより利益をあげることを目的としています。生業として運送を行う際、大きな利益を得るためには多くの物資の輸送を行う必要があります。その際にコストになるのが、トラックの購入や維持にかかる経費です。

運送業者は、これらのコストを抑えつつ利益をあげるさまざまな工夫を行います。その1つがトラックを新車ではなく中古にすることです。最近の中古車は、製造技術が進み耐用年数が長くなっているため、中古トラックでも充分に役に立ちますし、購入経費を抑えることができます。

その他に、物資の輸送の際にトラックが積載可能な量まで物資を積み込めるということがあるでしょう。このことにより、全体として必要な物資量の輸送を、積載地と目的地を少ない往復回数で行うことができるため、輸送コストの削減ができるようになるのです。通常は、このようなことが許容された範囲の中で行われているのですが、運送業者の中にはより多くの利益を得たいために法定の積載量をこえて運送を行う場合があります。現状では、過積載により多くの事故が起きており大きな問題となっています

当然ですが、このような過積載は大きな事故につながる可能性が高いので、法律で厳しく規制されており、違反した場合には運転手のみならず運送会社に重大な処罰が課せられるのです。

トラックの大きさと積載量について

先程も述べたように、トラックの積載量は法律で明確に決められており、1台のトラックがそれ以上の量の物資輸送を行った場合には厳しく罰せられます。また、積載可能な量によりトラックは3つに分類されています。これからトラックのこの基準による分類について説明しましょう。

1番少ない量の物資を輸送可能なトラックは小型ダンプと呼ばれます。車両の大きさは、全長が4.7m以下で全幅が1.7m以下、全高が2.0m以下の大きさのものと規定されているのです。この小型ダンプが運送可能な物資量は3トン未満であり、車両総重量は5トン未満です。通常は、2トンと3トンのトラックで輸送が行われます。

2番目に大きなトラックは中型ダンプと呼ばれます。大きさは、全長12.0m以下全幅2.5m以下、全高3.8m以下と規定され、輸送可能量は6.5トン未満、車両総重量が11トン未満となっています。通常は、3トンと5トンの間の物資の輸送が行われているようです。

1番大きなトラックは大型ダンプと呼ばれ、大きさは、全長12.0m以下で全幅2.5m以下、全高3.8m以下と規定され、輸送可能量は6.5トン以上、車両総重量が11トン以上です。通常は、8トンと11トンの間の物資の輸送が行われます。

このようにトラックには、輸送可能な物資量により3つの分類があり、それぞれについて輸送可能な量が決まっていることを知っておきましょう。

中古トラックを購入する際には積載量に注意

ここまで説明を行ってきたように、トラックには輸送可能な物資の量により3つの分類があり、それぞれ大きさや輸送可能量が明確に規定されています。当然のことですが大型になるほど維持経費や燃費が高くなりますので、コストと利益を充分に考え、両者が折り合う所を見つける必要があります。

この選択はラインナップが充実した新車の場合にはあまり問題にはならないのですが、多くの場合販売車種に限りがある中古トラックの場合には注意が必要です。基本的に中古トラックは、新車で販売されたものが、現役を引退した後に中古として再び市場に出てきたものですので、販売車種については偏りがあります。とくに小さな中古車業者が販売するトラックの場合、品揃えは限られているようです。

このような状況の中で一番注意しなければならないのが、これまで述べてきた最大積載量です。この量に関しては、それを超過した際に引き起こされる事故は大きなものであるために、厳しい罰則が課されます。さらに、運送会社が公表されることで社会的に大きな制裁を受けるのです。中古トラックの購入は、比較的安価で可能であるという反面、それによるリスクもあることをあらかじめ考えておくことが大切でしょう。

このような中古トラック独特のリスクを考えに入れて購入を行えば、低コストで運用可能な輸送手段を手に入れることができ、効率的な輸送会社の運営が行えるようになります。

 

ここまでの所で、トラックに関わる過積載の問題点から始まり、トラックの輸送可能な量と分類、中古トラックを購入する際の積載量に関する注意点の説明を行ってきました。過積載については、甚大な事故につながる可能性が高いので、あらかじめこのことを1つのリスク要因として充分考慮することが効率的な会社運営の糧となります。

中古トラック販売店ランキング

商品画像1
2
3
4
5
商品名磯山自動車ステアリンク栗山自動車リトラストラックワン
特徴仕事に応じた機能のトラックをオーダーメイド100km圏内のユーザーには出張で現車確認できるよう対応専門スタッフが80項目をチェックし細部まで点検国内最大規模の中古トラックを常時保有再利用可能なパーツを活用して廃棄を最小限に抑えている
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

おすすめ関連記事

サイト内検索
【中古トラック】販売店ランキング!
記事一覧