中古トラックの販売店ランキングガイド!小型・大型トラック・特殊車両まで購入をおすすめしたいサービスを厳選比較で紹介します!

中古トラックのリースとは?購入する場合との違いも合わせて紹介

公開日:2021/07/15  最終更新日:2021/08/23

トラックが必要になった時は、販売店などで購入するのが一般的です。しかし、イニシャルコストをおさえたい、期間限定でしか使わないという時は、購入よりもリースがおすすめだといえます。リースには購入にはないメリットがあり、興味がある人もいるでしょう。中古トラックのリースについて紹介するため、検討している人は参考にしてください。

中古トラックのリースは購入と何が違う?

購入は、支払いが済めば自分の資産にできるため売却も可能です。リースは、一定期間リース会社から車両を借りる契約をします。車両に不具合があれば、異なる車両に変更すことも可能です。また、サイズの違う車両を借りたい場合にも変更できます。車両を変えられるメリットもありますが、期間を満了したら返さなければいけません。

中古トラックのリースのメリット

中古のトラックのリースにはメリットがあります。

・月々の支払いが一定で済む
・かかる費用がわかりやすい
・車両の入れ替えができる
・メンテナンス付きリースなら修理代がリース会社で負担できる

リースは月々の支払が一定で、リース料には保険料や税金も組み込まれているので、かかる費用がわかりやすいでしょう。経理上の手続きや支払方法が簡単なこともメリットです。また、車両の入れ替えもできます。万が一、故障した場合はメンテナンス付きのリースなら、修理代もリース会社の負担になるのです。自社でトラックを用意すると車検や修理などで費用がかかりますが、リースならそれらがかかりません。業務上、トラックを使う頻度が高くメンテナンス費用がかかる会社にはリースが向いているでしょう。

リースの一番のメリットは利便性

リースの一番のメリットは利便性で、手続きもないので総務や経理の作業も簡単です。ただし、期間中はリース料残額の支払い義務があり解約はできません。トラックを大きな車両にしたい、繁忙期だけ台数を増やしたいなどの相談も可能です。トラックはメンテナンスも大変ですが、メンテナンス付きのリースを利用することで費用を削減できます。

リースの種類

トラックのリースの契約パターンは2種類あります。

ファイナンスリース
リース会社が契約者に代わって車両を購入し契約期間中、貸し出しを行う契約です。
・車両本体
・税金
・車検代
・自賠責保険
・金利
これらが月額利用料に入っています。ファイナンスリースは短期契約をしたい方や月々の費用をおさえたい方に適しているでしょう。

メンテナンスリース
ファイナンスリースと同じで車両本体、税金、車検代、金利は月々の利用料に含まれます。
・車両定期点検費用
・メンテナンス費用
リース内容には、この2点も含まれます。メンテナンス時に交換した消耗品の交換費用も含まれるようです。メンテナンスリースはファイナンスリースと比べると高くなりますが、リース契約をしているうちは、点検や消耗品の交換もリース会社の負担になります。

中古トラックを購入するメリット

リースも便利で経済的ですが、購入にもメリットがあります。
・自分の資産として計上できる
・将来的に売却すれば利益となる可能性がある
・好きにカスタマイズできる
・長期リースの場合、購入と比べると総額が安くなる可能性がある
・車両保険を自分で選ぶことができる
トラックは自分の資産になる、自社のロゴを入れることも可能です。将来的に資産になるだけでなく、売却することで利益となる可能性もあります。

中古トラックをどのように使用していくかで適した方法は異なる

中古トラックは、契約内容やトラックの利用頻度などで購入した方がよい場合もあります。

経費をおさえたい

会社を立ち上げたばかりで経費をおさえたい方はリースがおすすめです。メンテナンス付きリースなら、税金の支払いや車検代も含まれています。経理の負担を減らすためにもリースだと簡略化が可能でしょう。

トラックの台数を増やしたい

期間限定でトラックの台数を増やしたい方は、短期リースを利用した方が購入よりもお得です。短期の利用だけなら、トラックを購入する金額と比較しても借りる方が安く済みます。

走行距離

距離を走る場合は修理や点検なども必要です。メンテナンス付きリースなら、月額料金に修理や点検費用も含まれています。

長期リースを考えている

長期リースの場合は、購入よりもコストがかかってしまうことがあります。ローンで購入するなら、助成金を利用して購入した方がリースを利用するよりもお得になるケースが多いようです。また、リースの場合は期間中に解約ができず、解約金が発生するケースもあります。10年以上は乗る方は、違約金のかかるケースを避けるためにも購入の方がよいかもしれません

自社のロゴを入れたい、カスタマイズしたい

自社のロゴを入れたい、カスタマイズしたい方はリースよりも購入の方が向いています。ロゴ入れならリースでも対応しているところもありますが、カスタマイズは購入でしか対応していません。自社にあったトラックを使いたいと思っている方は、リースよりも購入がよいでしょう。

 

リースか購入のどちらにしようかと検討中の方は、リース期間や走行距離などを参考に決めてもよいかもしれません。また、経費削減したい方はリースを利用するとお得になる可能性がありあます。どのくらいの期間使用するか総額を計算してみると、検討する材料にもなるので総額を出してみましょう。

中古トラック販売店ランキング

商品画像1
2
3
4
5
商品名磯山自動車ステアリンク栗山自動車リトラストラックワン
特徴仕事に応じた機能のトラックをオーダーメイド100km圏内のユーザーには出張で現車確認できるよう対応専門スタッフが80項目をチェックし細部まで点検国内最大規模の中古トラックを常時保有再利用可能なパーツを活用して廃棄を最小限に抑えている
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

おすすめ関連記事

サイト内検索
【中古トラック】販売店ランキング!
記事一覧