中古トラックの販売店ランキングガイド!小型・大型トラック・特殊車両まで購入をおすすめしたいサービスを厳選比較で紹介します!

中古トラックの購入時には走行距離と年式のどちらを優先して購入するべき?

公開日:2024/01/15  最終更新日:2023/12/05


中古トラックの購入は、新たなビジネスの始まりやコスト削減の一歩となり得ますが、適切な選択が重要です。年式、走行距離、コスト対効果、さらには架装と車体の関係性など、複数の要素を考慮する必要があります。本記事では、中古トラック選びの基本から、よくある落とし穴までを詳細に解説し、成功へと導くポイントをご紹介します。

中古トラック選びの基本

中古トラックの年式を判断する際には、トラックが製造された時点での技術水準と安全基準を考慮することが重要です。たとえば、トラックは排ガス規制が厳しくなるごとにより環境に優しい技術を採用します。新しい年式のトラックを選ぶことは、とくに都市部での運用を考えている場合、重要な要素となります。

また、新しい年式のトラックは、先進的な安全機能や快適性が備わっているため、ドライバーの疲労軽減や運行効率の向上につながります。一方で、走行距離に関しては、トラックの使用歴や機械的な摩耗の度合いを反映しています。走行距離が多いトラックは一般的に価格が低く設定されており、潜在的なメンテナンス費用や部品交換の必要性が高まることが理由のひとつです。

走行距離が少ないトラックは、比較的新しく、より長い期間にわたって安定したパフォーマンスを期待できる一方、実際には稼働時間が少ないため、一部の機械的な問題が発生している可能性があります。年式と走行距離は互いに補完し合う情報であり、中古トラック選びにおいて両方を総合的に考慮する必要があります。

高年式で走行距離が少ないトラックは、初期投資は高いものの、長期的な運用コストを抑えられる可能性が高いです。逆に、低年式で走行距離が多いトラックは、初期投資は抑えられますが、メンテナンスコストが高くなるリスクがともないます。中古トラックの選択は、予算、運用計画、必要な性能など、多角的な視点からの検討が求められるのです。

中古トラック選びのポイント

中古トラック選びにおいて長期的な目線での検討が必要になります。たとえば、エンジンやトランスミッションなどの主要部品の状態は、将来的な修繕の有無に関わります。部品の状態が良ければ、長期的な運用においてコストを削減できる可能性が高まります。逆に部品に問題がある場合、安価な購入価格にもかかわらず、トータルコストは著しく高くなってしまいます。

また、車両の用途や運用計画に合わせた選択も重要です。たとえば、長距離輸送には燃費効率がよく、信頼性の高いトラックが適していますが、市街地での短距離配送には小型で機動性の高いトラックが最適かもしれません。また、特定の貨物を運ぶために特殊な架装が必要な場合、その装備を備えたトラックを選ぶことが重要です。

さらに、トラックの保有コストにも注目する必要があります。保有コストには、燃料費、保険、車検や定期点検の費用など、購入後に発生するさまざまな経費が含まれます。中古トラックの購入を検討する際には、これらのランニングコストも予算計画に含めておかなければなりません。

そして、市場でのトラックの需要と供給のバランスも重要な要素です。特定のモデルや年式のトラックが市場に多く出回っている場合、価格が比較的低くなる可能性があります。逆に、希少なモデルや特別な装備をもつトラックは、高い価格で取引されることがあります。中古トラックを購入するときは市場動向を理解し、最適なタイミングで購入することが、コスト対効果を最大化する鍵となります。

中古トラック購入の落とし穴

中古トラック選びにおいて、架装と車体の相互関係を正しく理解することは、長期的な運用効率と総コストに大きく影響します。たとえば、車体の機械的な状態が良好であっても、架装が老朽化していたり、特定の貨物を運ぶための適切な機能が欠けていたりすると、そのトラックの効果的な利用が困難になる可能性があります。

逆に、車体が古くても最新の架装を装着しているトラックは、特定の用途に対して高い価値を提供できます。架装の条件には、種類と機能性だけでなく、耐久性や管理のしやすさも含まれます。特殊な機能を持つ架装(たとえば冷凍・冷蔵機能や特殊荷物運搬設備)は、特性に応じた追加のメンテナンスや修理が必要になることがあります。架装を装着している中古トラックの購入を検討する際には、架装の現状と将来にわたる維持管理コストを慎重に評価する必要があります。

また、特定の業界や用途に特化した架装をもつトラックは、一般的な市場では需要が限られるため、再販価値が低くなることがあります。特殊な架装をもつトラックを購入する場合、将来的にどのように使用されるか、または再販売されるかを予測することが大切です。

まとめ

中古トラックを選ぶ際は、年式、走行距離、コスト対効果、そして架装と車体の関係性という複数の要素をバランス良く考慮することが重要です。個々のビジネスニーズや予算に合わせた選択を行い、比較検討を繰り返しながら、長期的な視点でトラックの価値を見極めることで、満足のいく購入につながります。このガイドが、中古トラック選びの良き参考となることを願っています。

中古トラック販売店ランキング

商品画像1
2
3
4
5
商品名磯山自動車ステアリンク栗山自動車リトラストラックワン
特徴仕事に応じた機能のトラックをオーダーメイド100km圏内のユーザーには出張で現車確認できるよう対応専門スタッフが80項目をチェックし細部まで点検国内最大規模の中古トラックを常時保有再利用可能なパーツを活用して廃棄を最小限に抑えている
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

おすすめ関連記事

サイト内検索
【中古トラック】販売店ランキング!
中古トラックコラム