中古トラックの販売店ランキングガイド!小型・大型トラック・特殊車両まで購入をおすすめしたいサービスを厳選比較で紹介します!

トラックは何年使うことができる?寿命や買い替えのタイミングについて解説!

公開日:2024/03/15  最終更新日:2024/01/04

トラック 寿命
中古トラックの購入は、個人事業主や企業経営者にとって経済的な選択ですが、トラックの寿命とメンテナンス、適切な買い替えのタイミングを理解して購入しなくてはなりません。本記事では、中古トラックの平均寿命や種類別の走行距離、メンテナンスの重要性、そして買い替えの最適な時期について解説します。

トラックは何年使える?

トラックの使用年数は種類と使用状況に大きく依存します。

たとえば、小型トラックは都市部での頻繁な短距離運用により、エンジンや駆動系への負担が大きくなりがちです。対して中型や大型トラックは主に長距離輸送で使われるため、高速道路での走行が多くなり、エンジンへの負担は比較的少なく、結果として寿命が長くなります。

トラックの耐久性は、排気量の大きさと直接的に関連しています。大型トラックは排気量が大きく、エンジンの回転数が低めに保たれることで、長期間にわたり安定した性能を維持できるのです。

また、大型トラックは一般的に頑丈な構造で設計されており、重量物の運搬に耐えうる強度をもっています。しかし、小型トラックや軽トラックは普通乗用車に近い排気量をもち、都市部での短距離運用に最適です。短距離運用に使われる車両は頻繁に停止と発進を繰り返すため、エンジンやブレーキに大きな負担がかかり、寿命が短くなります。

トラックの寿命は、適切なメンテナンスによっても大きく左右されます。定期的な点検と必要に応じた修理は、トラックの性能を維持し、予期せぬ故障を防ぐために不可欠です。とくにエンジンオイルやブレーキフルードの定期的な交換、タイヤの摩耗状態のチェックなどは、安全な運行のためにも重要なメンテナンス作業となります。

最終的にトラックの寿命は使用方法やメンテナンス状況、そして個々の車両の設計に依存します。効率的な運用と適切なメンテナンスにより、トラックの寿命を延ばし、最大限の価値を得ることが可能です。

トラックの種類別寿命と平均走行距離

トラックの種類別寿命と平均走行距離は、主にトラックの使用目的と設計にもとづいています。小型トラックは軽量貨物の運搬や都市部での配送に用いられることが多く、頻繁な停止と発進、狭い道路での取り回しが求められます。

頻繁な停止や発進はエンジンやトランスミッションに大きなストレスを与え、寿命までの走行距離は約20万km程度とされています。一方で、中型トラックはより多様な用途に使われます。小型トラックよりも大きな貨物を運ぶ能力を持ち、都市間輸送や工業用途にも適しています。

中型トラックの寿命は走行距離約40万kmから50万kmと、小型トラックよりも長く設計されています。中型トラックが高速道路での使用にも適しており、エンジンへの負担が比較的少ないからです。

もっとも長い寿命を誇るのは大型トラックで、平均走行距離は約70万kmに達します。車両は重量物の長距離輸送に使用され、国際的な物流でも重宝されるのです。大型トラックは高性能のエンジンを備え、継続的な重負荷にも耐えうるよう設計されています。

高性能なエンジンにより、大型トラックはより長い間高いパフォーマンスを維持します。トラックの寿命は、トラックがどのように使用され、どの程度メンテナンスされるかにも左右されます。定期的な点検と適切なメンテナンスを行うことで、トラックの寿命をさらに延ばせます。

中古トラックのメンテナンスと適切な買い替え時期

中古トラックを効率的に使用するためには、定期的なメンテナンスが欠かせません。エンジンオイルやトランスミッションオイルの交換は、エンジンやギアボックスの摩耗を防ぎ、性能を保つために不可欠です。

ブレーキ液、冷却液、パワーステアリング液などの液体類も定期的にチェックし、必要に応じて補充または交換する必要があります。タイヤの点検と交換は、安全性を確保するためにとくに重要です。

タイヤの摩耗や損傷は、不安定な運転や事故のリスクを高めます。適切なタイヤの状態を維持することは、ドライバーの安全と貨物の安全を確保することに直結するからです。

しかし、メンテナンスの頻度が増えたり、費用がかさんでしまうと、車両の維持が経済的に非効率になる場合があります。とくにエンジンやトランスミッションの大規模な修理が必要になった場合、修理費用が新しい車両を購入するコストと同じくらいになってしまうこともあります。

また、車両の価値が時間とともに減少し、特定の時点での買取価格や下取り価格が非常に低くなる可能性もあるのです。修理費用が高くなりすぎた場合、買い替えを検討するのが賢明でしょう。新しいトラックは、より効率的なエンジン、改善された安全機能、低い運用コストの可能性があります。

さらに、新しい車両は環境基準に適合しているため、排出ガス規制が厳しい地域での運行にも適しています。最適な買い替え時期を見極めるには、現在の車両の運用コスト、修理歴、将来の修理予測、車両の市場価値などを総合的に評価することが重要です。

トラックの買い替えは大きな出費なので、財務的な側面と運用効率を考慮して合理的な決断を行いましょう。

まとめ

中古トラックは経済的で効率的な選択ですが、寿命とメンテナンスには注意が必要です。適切なメンテナンスにより寿命を延ばすことが可能ですが、適切なタイミングでの買い替えも経営の効率化に貢献します。また、トラックの種類、使用状況を把握し、賢い判断を行いましょう。中古トラック選びを検討している方は、本記事をぜひ参考にしてみてください。

中古トラック販売店ランキング

商品画像1
2
3
4
5
商品名磯山自動車ステアリンク栗山自動車リトラストラックワン
特徴仕事に応じた機能のトラックをオーダーメイド100km圏内のユーザーには出張で現車確認できるよう対応専門スタッフが80項目をチェックし細部まで点検国内最大規模の中古トラックを常時保有再利用可能なパーツを活用して廃棄を最小限に抑えている
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

おすすめ関連記事

サイト内検索
【中古トラック】販売店ランキング!
中古トラックコラム