中古トラックの販売店ランキングガイド!小型・大型トラック・特殊車両まで購入をおすすめしたいサービスを厳選比較で紹介します!

トラックを買うなら中古トラックがおすすめ!新車との違いは?

公開日:2020/11/15  最終更新日:2020/12/08


トラックは普通乗用車と比べて高額です。業務で使用するのであれば、新車のようにピカピカである必要もありません。必要とする機能が備わっており、安全・安心に使用できるのなら、中古トラックでも充分です。しかし中古トラックが不安という方もいるでしょう。そこで今回は、中古トラックをおすすめする理由と新車との違いについて解説します。

中古トラックの最大の魅力は価格の安さ

トラックを新車で購入できる予算があるのなら、新車を購入すればよいでしょう。性能面や快適性、コンディションなど、どれをとっても中古トラックよりも上です。しかし予算的に厳しい場合は中古トラックを考えてみるのも悪い選択ではありません。

中古トラックの最大の魅力は何といっても価格の安さです。車の大型トラックの販売価格は2千万円を超える場合が少なくありません。消費用を入れればさらに金額は膨らみます。

それに対して中古トラックであれば、1千万円を下回る価格帯からたくさん出回っています。もちろん年式や走行距離、コンディションなどによって販売価格は大きく変わりますが、それを差し引いても、新車との価格差はあまりにも大きいのです。同じ予算であれば、新車の場合はグレードを低く抑えなければならなかったとしても、中古車であれば逆にグレードの高い車種が視野に入ってきます。

あるいは小型トラックの販売価格程度の予算しかなくても、中古であれば大型のトラックを購入できる、小型であれば2台購入できるなど選択肢の幅が広がる可能性があります。このような理由から、もし安さにこだわるのであれば、迷うことなく中古トラックをおすすめします。

後はコンディションを見極め、信頼のおける中古販売店で購入することです。また、中古トラックを購入する場合は、安心のためにも保証がついているかどうかも重要です。

中古トラックの価格が一定していない理由

新車のトラックと中古トラックの違いを挙げてみるといろいろあります。その違いは、どちらを選ぶかの判断材料にもなることでしょう。まず挙げられるのが「販売価格」です。新車の場合は単に高額であるだけでなく、一定しています。それに対して中古のトラックの販売価格は安いのはもちろんのことですが、定価があるわけではないので一定しておらず、人気車か不人気車か、コンディションはどうか、販売店によってもかなりばらつきがあります。

たとえば新車価格は同じでも、人気車は需要が高くなるので販売価格もそれに合わせて高くなり、不人気車は安くなる傾向があります。不人気車であっても機能を満たせば構わないという方であれば、人気のない中古トラックをお得に購入するというのは賢い選択といえるでしょう。

次にコンディションですが、新車を100とすると、中古は80だったり、50だったり、あるいは30だったりと一定していません。走行距離や年式、修復歴の有無などが影響を与え、コンディションがよいほど価格は高くなります。

さらに新車は現在販売されている最新のモデルのみが販売されていますが、中古の場合は古いモデルも多数出回っています。つまり、選べる車種が豊富であるということです。これも中古トラックの魅力の一つです。このように新車と中古車ではさまざまな違いがあるので、購入前に参考にするとよいでしょう。

走行距離が多少多くても問題なし

中古トラックを買った後「故障したらどうしよう」と不安になるかもしれません。これが中古トラックの一番の問題です。しかし、新車だからといって故障がまったくないわけではありません。一ついえることは、消耗部品の交換など必要なメンテナンスさえきちんと行っていれば、トラックは非常に頑丈に作られているので、普通乗用車よりも長持ちします。とくに走行距離の多さは驚くばかりです。たとえば乗用車の場合、10万キロを超えると、急に故障の発生率が増え、乗り心地も悪化するので買い替える人が多くなります。

ところが、トラックの場合、20~30万キロ走行はまったく問題ではありません。中には走行距離が50万キロを超えているものも少なくありません。なぜこれほど多くの走行距離が可能なのかといえば、頑丈に作られているからという一言に尽きます。ラフな道を走るケースが多いので、普通乗用車以上に頑丈に作られているのです。年式についても同様で、低年式車であってもまだまだ乗れる場合が多いです。

しかし最新のモデルと旧式のモデルでは性能にかなりの差があるので、その点は考慮する必要はあります。トラックの安全装備についても日進月歩で、最新のモデルになればなるほど安全性が高まります。そのため走行距離の多さを気にするよりも、年式を気にする方がよいかもしれません。高年式車であればその分まだ長く乗り続けることもできます。

 

高額なトラックを購入する場合は、価格の安い中古を選ぶのも手です。同じ予算であればグレードの高いトラックが手に入ります。また乗用車に比べて頑丈に作られているので長持ちしますし、たくさんの種類の中から選ぶことができるのも魅力です。

中古トラック販売店ランキング

商品画像1
2
3
4
5
商品名磯山自動車ステアリンク栗山自動車リトラストラックワン
特徴仕事に応じた機能のトラックをオーダーメイド100km圏内のユーザーには出張で現車確認できるよう対応専門スタッフが80項目をチェックし細部まで点検国内最大規模の中古トラックを常時保有再利用可能なパーツを活用して廃棄を最小限に抑えている
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

おすすめ関連記事

サイト内検索
【中古トラック】販売店ランキング!
記事一覧