中古トラックの販売店ランキングガイド!小型・大型トラック・特殊車両まで購入をおすすめしたいサービスを厳選比較で紹介します!

中古トラック「重機運搬車」の特徴と販売価格の相場

公開日:2021/01/15  最終更新日:2020/12/23

建設工事の際には垂直に移動する運搬作業だけでなく、水平に移動する運搬作業も必要となります。この運搬作業に用いられるのが重機運搬車と呼ばれるトラックです。このトラックにはさまざまなサイズと種類があり、用途も異なります。中古トラックを購入したいという場合、販売価格の相場についてしっかり確認しておくとよいでしょう。

重機運搬車の特徴をチェックする

重機運搬車はトラックの一種ですが、セルフローダーやセーフティローダー、重機回送車といったタイプがあります。このようなトラックは重機を工事現場に運搬するために使われています。

工事現場ではフォークリフトやブルドーザー、大型ショベルといった車が必要になりますが、このような車は公道を走ることができません。動くことができるかもしれませんが、速度が非常に遅いので走るのに向いていないということです。他の車の迷惑になってしまうことはもちろん、事故につながる危険性もあります。そこでこのような大きい車はトラックによって運搬されることが一般的です。

トラックで運搬すれば他の車に迷惑がかかることはありませんし、事故のリスクも軽減できるでしょう。しかし、普通のトラックでは大きな車を上手く運ぶことができません。そこで大きな車の積み込みに特化した専門のトラックが必要になるのです。重機運搬車は車体の前方部を持ち上げて積み込むものや、スライド式の荷台を使って積み込むものなどがあります。

また、クレーンを積載したタイプやアンダーリフト付きのタイプ、荷台の後方部分だけが傾斜するタイプなどもあるため、用途に応じて使い分けることができるでしょう。中には重機だけではなく、故障車の運搬や新車の納品などに使われるトラックもあります。このようなトラックで公道を走行する場合、車両総重量に応じた運転免許が必要となります。とくに大きな車の運搬には細心の注意を払うべきです。

セルフローダーとセーフティローダーの違い

重機運搬車であるセルフローダーやセーフティローダーは、どちらも重機を運搬するために使われています。見た目は似ていますが、用途や特徴の違いを確認しておきましょう。

セルフローダーは荷台とキャビンの間に太いジャッキがあり、このジャッキを伸ばすとキャビン部分が持ち上がるタイプのトラックです。荷台後方が傾斜すると地面に近づくため、運搬する車を乗せやすい状態になるのです。荷台の最後部に板を装着できるタイプもありますし、これが自動で伸び縮みするというものもあります。そのためスムーズに車両の積み下ろしができるということです。クレーン付きのものもあるため、使いやすい中古トラックを見つけてみましょう。ちなみに、セルフローダーは重機の運搬がメインとなっており、中型から大型のトラックであることが多いです。

セーフティローダーとは荷台部分だけが傾斜、またはスライドするタイプのトラックです。荷台だけがスライドするので傾斜角度が浅いことが特徴です。セルフローダーよりも安全性が高いことも特徴であり、自走できない重機などを安全に積み降ろしできます。さらに、セーフティローダーはセルフローダーよりサイズのバリエーションが多いこともポイントです。中型や大型トラックだけでなく、小型トラックや軽トラックなどのタイプもあります。しかし、荷台をさせるためには後方にある程度のスペースが必要となります。狭い場所で積み下ろしを行う際には注意しましょう。

中古の重機運搬車の販売価格を確認

中古トラック市場で重機運搬車を購入したい場合、販売価格を調べておく必要があります。大型中古トラックの場合、販売価格は200~1600万円が相場です。価格は年式や車体の状態によって変わってくるため、かなり幅があるように感じるかもしれません。大型トラックは長距離を走行することが一般的です。そのため走行距離が30万km前後のトラックも普通に取引されています。耐久性も優れているため、年式が10年程度のものなら問題なく使用できるでしょう。

中型中古トラックの場合、100~750万円が販売価格の相場のようです。トラックのサイズが小さいため、大型トラックと比べて少し安いという特徴があります。中型トラックの場合も走行距離や年式、状態によって価格が変わってきます。しかし、日本製の中古トラックは耐久性が高いですし、走行距離が10kmを超えていても価格はあまり下がりません。

小型中古トラックの販売価格は、90~600万円が相場となっています。中型トラックとあまり変わりませんし、車種や車の状態によっては中型トラックより高くなることもあります。古さやエンジンの状態なども価格に影響してくるため、購入前にきちんと確認することが大切です。最も安い中古トラックは軽トラックです。軽トラックの場合、中古なら20~100万円で購入できます。価格が安い理由としては、農家や一般の人も購入するためです。

 

重機運搬車は重機を安全に運ぶ役割のトラックです。中古トラックとして販売されていることもありますが、車種やタイプによって販売価格は大きく異なります。さまざまな中古トラックを比較して購入したい車を選んでいきましょう。

中古トラック販売店ランキング

商品画像1
2
3
4
5
商品名磯山自動車ステアリンク栗山自動車リトラストラックワン
特徴仕事に応じた機能のトラックをオーダーメイド100km圏内のユーザーには出張で現車確認できるよう対応専門スタッフが80項目をチェックし細部まで点検国内最大規模の中古トラックを常時保有再利用可能なパーツを活用して廃棄を最小限に抑えている
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

おすすめ関連記事

サイト内検索
【中古トラック】販売店ランキング!
記事一覧