中古トラックの販売店ランキングガイド!小型・大型トラック・特殊車両まで購入をおすすめしたいサービスを厳選比較で紹介します!

物流業界で注目の的!高い関心を集めるフルトレーラーとは?

公開日:2022/03/15  最終更新日:2022/04/05


ダイナミックな車体で大量の荷物を運ぶトレーラーは、見ているだけでも圧倒されます。なかでも、全長が最大25mにもなるフルトレーラーは、深刻なドライバー不足を解消する一手として物流業界の注目を集めています。この記事では、フルトレーラーの魅力についてご紹介し、フルトレーラーの構造と運転のポイントについて解説します。

フルトレーラーとは

一般的に牽引自動車をトレーラーと呼びますが、正確には牽引する自動車を「トラクター」と呼び、自走できない荷台部分の車両を「トレーラー」といいます。

フルトレーラーとは、前輪と後輪が付いていて、自重を支えることができるトレーラーです。フルトレーラーを牽引する自動車をフルトラクターといいます。フルトラクターは、一般的なトラックに連結機能が付いたものです。フルトラクターとフルトレーラーが連結した車両全体を、フルトレーラーと呼ぶこともあります。

物流業界におけるフルトレーラーの魅力

規制緩和により長距離輸送の担い手として、ダブル連結トラックと呼ばれるフルトレーラーが登場しました。ここでは、ダブル連結トラックの魅力と、トラックと比較したフルトレーラーの魅力についてご紹介します。

ダブル連結トラックで効率的に荷物を運べる

2019年1月、特殊車両通行許可の基準が改正され、フルトレーラーの全長の上限が21mから25mに緩和されました。これにより、大型トラックとフルトレーラーを連結したダブル連結トラックが、高速道路を走ることができるようになりました。ダブル連結トラックは、大型トラック約2台分、22トンもの荷物を運ぶことができ、ドライバーの人員不足を補うことができます。

また、共同輸送や中継輸送といった新たな取り組みも始まりました。共同輸送とは、複数の物流会社が協力し、必要に応じて他社のトレーラーを運ぶことで輸送を効率化する取り組みです。中継輸送とは、ドライバーが途中で別のトラックとトレーラーを交換し、元の拠点に戻ることで帰宅しやすくなる取り組みです。

輸送コストを抑えることができる

一度に大量の荷物を運べるフルトレーラーは、燃料油代、高速道路代、人件費といったコストを抑えることができます。とくにフェリー輸送では、荷台部分だけをフェリーに積み、到着後は別の運転手がトラクターで運ぶことができるので、車両ごと乗り込むトラックよりコストを抑えることができます。

荷待ち時間が短い

トラックは、荷積み・荷降ろしの間ドライバーが待機していなければなりません。この荷待ち時間が、長時間労働の原因として問題視されています。トレーラーは目的地で連結を切り離して荷物を渡せるので、荷待ち時間の短縮が期待できます。

フルトレーラーの種類

フルトレーラーは荷重を支える方法の違いによって、ドリー式とセンターアスクル式に分類されます。

重量物を運べるドリー式

ドリー式フルトレーラーは、前輪にドリーと呼ばれる台車が取り付けてあるフルトレーラーです。前輪と後輪が大きく離れていて荷重が前後に分散されるので、トラクターにかかる負担が小さく、重量物を運ぶのに適しています。ドリーの取り付け部はターンテーブルになっていて前輪が車軸ごと回ります。これによってカーブの回転半径が小さくなり、トレーラーが追従しやすくなっています。しかし、連結部分とドリーの2か所で曲がるため、とくにバックの運転が難しくなります。

運転がしやすいセンターアスクル式

センターアスクル式は、トレーラーの中央に前輪と後輪が集まっています。荷重が集中してしまいますが、曲がる部分が1か所だけなので、比較的運転しやすくなっています。しかし、急ブレーキをかけた時や急なハンドル操作をしたとき、トレーラー部分が遠心力で振り回されるトレーラースイング現象が起こる危険があります。

フルトレーラーは運転が難しい

運送業界でフルトレーラーのドライバーとして活躍するには、大型免許と牽引免許が必要です。車体が大きいため、右左折で大回りをする必要がある、内輪差が大きくなるなど運転が難しい点があります。くわえて、牽引車特有の運転の難しさがあり、大型トラックの運転手でも乗りこなすには充分な練習が必要です。フルトレーラーはハンドルを切らずにバックしても、必ずどちらかに折れ曲がります。

そのため、ハンドルを細かく切って修正し続ける必要があります。車庫入れは、車体を折ってバックしていくことになります。ハンドルを切れば折れ角は大きく、まっすぐにすれば小さくなるので、ちょうどいい折れ角になるよう調整し、微速で後退していく必要があります。

 

フルトレーラーは、ドライバー不足に悩む物流業界で、効率よく荷物を運べる車両として大きな期待を集めています。免許の取得と充分な訓練が必要ですが、高度な運転技術を身に付けて乗りこなせば活躍の場が広がります。中古トラック市場には多くのトレーラーが流入しています。導入コストを抑えて、経済効果の高いフルトレーラー輸送に挑戦してみませんか。

中古トラック販売店ランキング

商品画像1
2
3
4
5
商品名磯山自動車ステアリンク栗山自動車リトラストラックワン
特徴仕事に応じた機能のトラックをオーダーメイド100km圏内のユーザーには出張で現車確認できるよう対応専門スタッフが80項目をチェックし細部まで点検国内最大規模の中古トラックを常時保有再利用可能なパーツを活用して廃棄を最小限に抑えている
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

おすすめ関連記事

サイト内検索
【中古トラック】販売店ランキング!
記事一覧