中古トラックの販売店ランキングガイド!小型・大型トラック・特殊車両まで購入をおすすめしたいサービスを厳選比較で紹介します!

中古トラックのボディの種類と用途を解説

公開日:2020/12/01  最終更新日:2020/12/08


トラックの中には人の移動を重点として設計されたもの、瓦礫などの重い廃棄物を処理場まで移動させるものなどさまざまなものがあります。ここでは、トラックごとのボディによる種類を解説することでどのような用途でトラックという乗り物が使用されているかについて解説をしていきたいと思います。

トラックにはけん引車とトレーラーヘッドがある

トラックの種類の中にはけん引車をけん引するトレーラーヘッドと呼ばれるトラックがあります。これは、大型トレーラーの頭部分のことを指し、中古市場においても価値がある中古トラックの一つとして販売されています。特徴は、トレーラーヘッドとあるようにトレーラーの先頭を走り荷物であるキャリアーを引くことでたくさんの荷物を届けるため、高出力かつ長距離移動を可能とするタフさが兼ね備えられていることです。

そのため中古トラックにおいても高い信頼性があるメーカーにおいては高い販売価格を維持しているトラックの一つです。このトラックは、ボディ自体は先頭を走るトレーラーヘッドがメーカーごとに異なる形状をしているのが特徴で、輸送するユニットを取り換えて自由に長距離走行を可能としているトラックです。

保冷車などと異なり、独立して輸送に使用する車両は車両、けん引される荷車は荷車にわかれているのが最大の特徴で、荷車を換装することで穀物のような食品からガソリンといった危険物までを輸送することを可能とします。

このトラックは長距離を走ることを想定して作られているが故、頑丈ではありますが、トラブルが起きないトラックであるというわけではないため、定期的にメンテナンスをすることでエンジン性能を維持し、重いものを輸送することが可能とします。とくにパワーに優れており、ディーゼルエンジンでありながら高い馬力を持つため、重い貨物の輸送に使用されます。

平ボディのトラックは主に作業効率重視のトラック

トラックの中には、10トントラックのように平らボディのトラックという物があります。

このトラックの特徴は、積み荷の積み下ろしを容易としたトラックでトラックごとに積載量が異なるのが特徴です。トレーラーヘッドのように高い馬力を持っているトラックではありませんが、汎用性がとても高く、改良することでクレーン車としても活用できるため、中古車トラックとしても人気がある車両です。

汎用性が高い分、改造やクレーン車戦用に改良すると荷台がなくなり積載数が減少するという問題がありますが、再改造を施せばサイドに台を取り付けたりすることも可能であるため、改造次第では、さまざまな工事現場で活用することが可能です。

主に工事現場で使用されることが多い車両ですが、農業や輸送にも使用可能で荷台に積載可能で脱落の恐れがない物であればおおよそを輸送することも可能とするため、自家用車としても使用されている方も多い車両です。

こちらも同様メンテナンスをすることで長期に渡って作業車として使用可能な車両であり、それぞれ改造や改良して取り付けた装備ごとのメンテナンスを行うことで工事現場や農業などに使用できるのが特徴です。耐久性についても、高い耐久性を持っており、パワーこそトレーラーヘッドよりも劣るパワーですが、その分扱いが難しくなく、中古トラック市場においてもニーズが多い車両です。

軽自動車というジャンルのトラックもある

中古トラックの中には、軽自動車というジャンルの小型トラックがあります。トラックの多くはディーゼルエンジンで、運搬を主としているため燃料は軽油です。燃料費用がエンジンの大きさに対して安いという特徴があります。しかし、軽トラックは、ガソリンを使用して小型のエンジンを動力とし、動作しておりエンジンのパワーも最大で48馬力から64馬力までと決まっています。

しかしながら、こちらも高い汎用性があり、商用車に使用することが可能で、荷台を改造することで移動式屋台へと変化することを可能としているためニーズの高い中古トラックになります。また、荷台自体に冷凍機能や冷蔵機能を有している保冷車として使用されている実績もあるトラックで、軽自動車でありながら、商用車として広く普及しています。

メンテナンス性については軽自動車であるが故オイル交換が速いというデメリットがありますが、使用するオイルの量やメンテナンスに必要な経費が安いことが特徴で大型のトラックと比較するとメンテナンス費用は少ない特徴があり、オプションという形で変貌を遂げることで保冷車や商用者として活用されます。

小型であるが故、大きなダンプやトレーラーが入ることができないエリアに商品やがれきの受け入れをするために使用することも可能で、小さいがゆえにできる事を生かしたのが軽トラックになります。

また、商用として活用する際に税金が少なくて済むというメリットもあり、ビジネス色がとても強いトラックの一つでボディこそ小さいですが、用途に応じて使い分け可能なため小さいからといって価値がないトラックであるということではないのです。

 

いかがでしょう。さまざまな中古トラックが販売されていますが、大型のトラックから軽トラックまでの中古販売を見ると日本においては用途に応じてさまざまなトラックが活躍していると理解して頂けたかと思います。もちろんこの他にもトラックはありますが、商用に使用されているものと自家用に使用可能なものを上げますとこのようなラインナップとなります。

中古トラック販売店ランキング

商品画像1
2
3
4
5
商品名磯山自動車ステアリンク栗山自動車リトラストラックワン
特徴仕事に応じた機能のトラックをオーダーメイド100km圏内のユーザーには出張で現車確認できるよう対応専門スタッフが80項目をチェックし細部まで点検国内最大規模の中古トラックを常時保有再利用可能なパーツを活用して廃棄を最小限に抑えている
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

おすすめ関連記事

サイト内検索
【中古トラック】販売店ランキング!
記事一覧